40代からの軽い重量で大きな筋肉をつくる筋トレ

筋トレ、健康を中心に情報発信しています。42歳の中年太りの素人から状態から始めて大きな筋肉をつくった経験を語っています。

未分類

投資で簡単に破産できる方法

投稿日:

Sponsored Link

こんにちは、竹田です。

先週からやっているスマホ使用時間減らしは結構難しいです。

仕事の連絡のメールはすぐ返信しないといけないですし、

音声も入れているので結構な時間を使ってしまいますね。

便利なので使ってしまってます。

先週紹介した方法に加えて、

なるべく普段は手の届かないところにスマホを置いてしょっちゅう触らないようにするのが一番いいですね。
さて、今日は簡単に破産できる方法(しないようにする方法)です。

私は株などの投資が大好きなのでいろいろ本を読んだりするのが好きです。

特についてる仙人という日経先物を中心に取引しておられる方の本を読んでいます。

株とかFXでは資金管理が大切と言われていますが、本当にその通りだと思います。

あまり勉強せずに始めるとあっというまにお金がなくなる可能性があります。

例えば100万円持っていて一回の取引で30%ずつ損してしまったとします。

100万⇒70万⇒49万⇒35万⇒22.5万

5連敗するとあっと言うまに4分の1になってしましました。

これを取り戻すにはここから4.5倍にしなければなりません。

ほぼ無理だと思います。
これからついてる仙人の本から抜粋ですが、破産の確立を決めるのは

1、勝率
2、ペイオフ比率
3、トレードにおけるリスク資金の比率

となっています。

1はわかると思いますが、
2は負けトレードの平均損失に対する勝ちトレードの平均利益の比率です。
勝ちトレードの平均利益÷負けトレードの平均損失

3は自分の投資資金に対してどれだけのリスクを取るかということです。
100万円投資して1万円損になったら損切りを想定すると1%となります。

総資産のリスク(1-3%)、ペイオフ比率(1-3)、勝率(25-50%)の関係の破産確率表がのっていますが、

3分の1くらいが破産確率100%になってます。

たったリスク数%でもペイオフ比率、勝率がまずければ破産の可能性があるということです。

資金力はどれくらいあるのか、リスクはどれだけとれるのか、平均勝率はどれくらい、利食い目標は

を真剣に考えないといけません。

勝率が悪い場合、ペイオフ比率を上げる、リスク資金を下げるとかしないといけません。

投資だけでなく、もしギャンブル好きな方がいらっしゃれば応用できますよ。

Sponsored Link

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スマホ中毒にならない方法

Sponsored Link こんにちは、竹田です。 昨日は久しぶりに電車に乗りましたが、 座った席の向かいの6人すわりの座席の人がみんなスマホいじってました。 わたしの学生時代は本とか漫画を読んでい …

no image

筋トレと有酸素運動の順番

Sponsored Link 今私は筋トレメインで有酸素運動はウォーキング以外は行っていませんが、 脂肪を落としたい、ダイエットしたいという場合は有酸素運動も行っていました。 有酸素運動ですが、筋トレ …